Literacy賃貸不動産リテラシー

不動産売買契約時 ホームインスペクション 説明義務付け

2016年2月26日に、「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。
これにより、不動産取引の媒介契約締結時・重要事項説明時・売買契約締結時に宅建業者は「インスペクション」の説明が義務付けられます。
といっても「インスペクションの実施自体が義務づけ」られるわけではありません。
あくまで、売主・買主に「インスペクションというものがありますが、実施しますか?」と意向を伺うということにとどまります。

国はインスペクションを普及させようと、宅建取引にも「インスペクション」を意識させる努力をされていますが、インスペクション事業自体は、インスペクターのリスクヘッジ策が整備されていないので、事業を行う上で非常にリスクが高い問題が残っており、二の足を踏んでいるインスペクターが少なからず存在しています。

今後の解決が待たれます。