Literacy賃貸不動産リテラシー

不動産取得税 控除要件

不動産取得税とは、不動産の取得に対して課される税金です。これには控除要件があります。
例えばある土地にアパートを新築したとすると、アパートは1世帯あたり1200万円(固定資産税評価額=投資価格×60%)の控除があります。
つまり、1世帯あたり投資価格で2000万円以上でない限り、不動産取得税は払わなくて良いということです。
但し、これには適用条件があり、40㎡以上240㎡以下/戸という条件を満たす必要があります。この場合、専有面積ではなく、延床面積を戸数で割った値が、40㎡以上240㎡以下であれば条件を満たすことになります。